2種類の除去方法|ほくろ治療の流れを知ろう【目立たない場所で試してみてから本番】

ほくろ治療の流れを知ろう【目立たない場所で試してみてから本番】

2種類の除去方法

看護師

どちらがお得か

ほくろの除去治療を美容外科で受ける場合、除去の方法とほくろのサイズによって値段が大きく変動します。除去方法は大きく分けると外科手術かレーザー治療の2種類あり、外科手術であれば特定の条件をクリアすれば保険を適用することが可能です。レーザー治療の場合は自費による診療となり、料金は1?につきいくらというような値段設定になっていることが多いため、大きなサイズのほくろを除去したい場合は同時に値段も大きくなっていきます。外科手術とレーザー治療のどちらがお得かというのは一概には決められません。一度診察してみて担当医に見積もりを出してもらうまでははっきりとわからないのが事実です。外科手術も保険が適用になるかどうかで値段が大きく変わりますので、まずはクリニックを受診しに行くことがスタートです。ホームページを作成しているクリニックであればおおまかな料金表を掲載しているところがあるので、目安に情報収集してみるとよいでしょう。また、大手の美容外科クリニックであれば独自に割引クーポンや会員特典などのサービスを行なっているところもあります。信頼できるクリニックか確認したうえで、必要以上の費用がかからないクリニックを選択するとよいでしょう。また、値段が安いかどうかだけではなく、値段に対しての施術の質の良さという面でコストパフォーマンスを意識するのがおすすめです。値段をかけることによってより美しく質のいい技術でほくろ除去が可能なら、結果的にはお得に治療を受けることができたということになります。美容外科でほくろ除去の治療を申し込む際には、まず選択したクリニックに予約を入れなければなりません。まれに飛び入りでも診療してくれるクリニックがありますが、ほとんどのクリニックは完全予約制になっています。ホームページからウェブ予約をするか、電話で申し込みましょう。診察日が決まったら、まずはカウンセリングから始まります。これは体質やほくろの状態、サイズなどを測り、適していると考えられる治療法を担当医が提案する意味合いがあります。ほかにも患者自身が抱く不安点の解決や注意事項説明、過去の施術例を提示して仕上がりのイメージを伝えるなども目的とされています。皮膚の一部を取り除くことになるので、仕上がりのイメージをしておくことは治療後の満足度にも影響します。今では痕が残らないほくろ除去方法もあるので、リスクや費用、ダウンタイムなどからどの除去方法にするかを判断することになります。このカウンセリングが治療において一番時間をかけるプロセスです。カウンセリングの段階であいまいな部分を残したり、疑問を抱いたりしたまま施術を開始してしまうと考えていた仕上がりと異なるといった事態を招きかねません。担当医とじっくりと話し合い、納得のいく形で施術を開始していくのが重要です。もし担当医とそりが合わなかったり、納得のいかないことがあったりした場合はクリニックを乗り換えてもいいかもしれません。事前カウンセリングの段階ではまだキャンセルすることも可能ですので、ほかのクリニックと比較して自分にあう除去方法を見つけましょう。

Copyright© 2018 ほくろ治療の流れを知ろう【目立たない場所で試してみてから本番】 All Rights Reserved.